ficipe

FXに関する最新情報をブログ形式でご紹介!

ficipe FXブログ

| その他

「残念!この人、投資やったら損失出すな」と思う人の7個の特徴

みなさん、こんにちわ。フィシピブログ担当の奥マヤです。



今の仕事をしていると、多くの個人投資家と会う機会があり、うれしい事に仲良くさせて頂いています。現在の損益などを失礼ですが、少し仲良くなった後に空気を読まずに聞いています。



それを繰り返す事で見えて来た特徴が、いくつかありました。
質問に対しての回答もそうですが、それ以外にもあります。



gf2160257699x




1.『今年は利益が出ている』と回答する人 (時間軸欠如型)

基本点に見栄っ張り。まず、今年の事しか考えていません。去年や一昨年はどうだったんでしょうか?恐らく、1年ごとに水に流しているのであろう。過去を反省出来ない典型的な人だ。これを人に話すことで自分自身に利益が出ているというマインドコントロールが自分にかかってしまいます。もはや自爆・・・。こういう人に去年どうでしたと聞くとだいたい損失を出している事が多い。さらに、年は利益が出てるからおごってくれる事も多いのが特徴的です。

「今年は利益が出ているけど、去年のこともあるから最近はトントンかな」という回答をする人は、時間軸に対しての考え方がしっかりしています。


2.お前は総理大臣か?というくらい政治に自分の意見を持ってる人 (ニセ総理大臣型)

話をし出すと、最近は、消費税問題の意見を言ってくる事が多い。少しでも反論しようものなら物凄い剣幕で、「それは間違ってる」とか言いだす。考え方が偏り過ぎで、人の意見を全く聞けないタイプ。たぶん仕事中にも政治系のサイトばっか見て、何もしてないのだろう。

こういう人に、今年の投資損益どうですか?と質問した時の多い回答が、「景気が悪いから損失が出てる」という。景気の良しあしは、主に株に関しては分かるが、FXなどの為替には何の関係もないのだが・・・。


3.他人に謝ることが出来ない人 (プライドストップ高型・・・言いにくいw)

投資をしていると良い時ばかりではない。必ず、損失が出る局面があります。その時に自分のミスをしっかりと認めて、過去の自分の過ちを悔い改め、反省しながらポジションを損切りする必要があります。損切りとは、自分を全否定する行為だ。他人に謝る事が出来ない人が、過去の自分に謝ることが出来るとは、到底思えませんね。



ミスした自分に、「ごめんね、自分。間違った。」と素直に思えない人は、同じミスを何回でも繰り返します。


4.銀行口座が一つだけの人 (ランチェスター型)
投資は、分散が必須。一点集中は、リターンが大きいが、それ以上にリスクが極大です。投資は、原資を失ったら終了という事が理解出来ていない。いかに、少しでもリスクを回避をするかを真剣に考えるべきです。例えば、銀行口座が一つの場合、その銀行がシステム障害を出した際にお金を下ろせなくなるというリスクがあります。「カード使えばいいじゃん?」とか思うかもしれませんが、カード使えないお店やサービスはまだまだあるし、さらに、お金の貸し借りをしていて、返済期日がその当日だったらどうするのでしょうか?○○銀行がシステム障害でお金が下ろせないというのを理由に期日を延ばせるかもしれませんが、信頼という預金口座は、大きく損失を出す事でしょう。このような事も考えて、銀行口座含め、証券口座も複数持つ人がリスクに関しての準備が万端ですね。



「資産を分散する事=リスクを分散する事」



ようは、致命傷を回避するという事です。


5.毎日、同じお店で同じ時間にランチを食べてる人 (ガッツリ歯車型)

強い執着心があるのか、同じ店で同じメニューばかりをずーっと食べてる人。ストレス社会なので、ランチぐらい好きなものを食べるのも悪いとは言いません。ただ、情報収集能力に欠けてしまいます。投資は、市場の動きに大きく影響します。外食一つとっても、どのメニューが人気なのか?この素材は、安く仕入れられるから単価が安くなってるのか?客層はどうか?お客さんは多いか少ないか?この店ってどれくらい続いてるのか?などなど、全て市場に直結する話です。モノの価値の関係性を探る事が出来ない人は、損失を出している可能性が高いです。

「木を見て、森を見ず」ということですね。


6.「一発」が口癖の人 (ファイトー!大○製薬型)
言わなくても分かりますが、一発が大好きな人です。投資で一発当てようとしますが、そんな美味しい話は基本的にありません。そんな話があれば、とっくにみんながやってます。勉強に勉強を重ね、そして、一つ一つのトレードで、なぜ利益が出たのか?なぜ損失が出たのか?を考え抜き、失敗を次に活かせる人にのみチャンスが到来します。稀に強運の持ち主もいますが、長続きはしません。


7.買い物に行って、欲しいものがないのになんか買っちゃう人 (ボーリングで隣のレーンで投げちゃう型)
例えば狙っていたワンピースを買う事が目的だったのに、別のものを買って帰ってくる事が多い人のことです。正直、私、けっこうこれかもしれません・・・。人の振り見て我が振り直せですね。投資を行う時に、投資する事が目的となり、資産を増やすという目的を忘れてしまう人です。未来に対して、意見がなく、次の展開が分からないと思った時、何もしないという選択肢があることを忘れます。結局、上がる(下がる)と思うという理由で、とりあえずポジションを持ってしまいます。何もしないで、動きをみるという事がどれだけ情報収集になるのかという事も分からずに、自分の腐った判断で資産が減っていきますね。


私が、今まで見てきた「残念!この人、投資やったら損失出すな」と思う人の特徴です。
世の中は広いので、全て当てはまっていたとしても莫大な利益を出している人もいるかも知れません。もし、そんな人がいましたら是非会いたいです!

関連記事